転職決意・曲がり角

 

こんにちは!バンブです。
自己紹介でも書いた通り世間的には転職回数が多い僕がどんなことを考えて、何をきっかけに転職を決意したかを紹介。あまりに深く考えすぎて思考のドロ沼に陥っちゃったらぜひ参考にして欲しい。

今回は専門分野を変えたい!と思ったときについて。自分はマーケティング⇒経理に転職したよ。

自己紹介を含む記事はコチラ!

僕の職歴をもう一度おさらい

僕のキャリアは最初の2年を除いてひたすら経理とか税務といった数字を扱う仕事。いわゆる間接部門での経験が多いが、コンサルタントをやっていた時期もあり営業的な要素も経験してきた。時系列で書くと、

1.外資系メーカーの経理部

2.個人の税理士事務所

3.大手の税理士事務所

4.〃のアメリカの事務所(社内転勤)

5.外資系小売りの経理

6.外資系小売りの経理(今はココ)

こんな感じで転々と会社を渡り歩くこと転職5回で今は6社目。

上の時系列の後半は管理職として勤務。部下のアリ・ナシは会社や部署の状況にもよるので、管理職でも一人親方的なときもある。自分はその方が気が楽で気に入っている。

資格はアメリカの会計士試験の合格者。あと、税理士試験は一部科目を合格したものの挫折。良い思い出として考えている(笑)

転職のきっかけ:専門を変えたい

1.外資系メーカーの経理部への転職は、まさにこれ。大学生で内定をもらうと入社までの間に急にキャリアについて考えてしまうもの。僕の場合は、就職活動のときはあまり深く考えずにいたけど、知り合いの税理士の影響で、将来は経理でキャリアを積んでいきたいと強く思うようになった。

晴れて入社し研修を終えたとき配属の希望を人事部に述べる機会があった。当然、声高らかに経理を希望。まあ当然とは言わないものの敢無く撃沈。マーケティング部門に配属。

社会人としてのイロハを2年ほど積んではみたものの、やっぱりやっていることと自分の興味が一致しない。会社にはことあるごとにその旨を伝え、自部門や経理部のトップに掛け合ったりとしたものの、2年目の若手の考えは受け入れられなかった。

これは経験した転職で一番最初で一番重要な決断だったと今となっては思う。

転職を決意するポイント:第二新卒にあたる場合

自分の場合のように、転職活動で第二新卒として扱ってもらえるほどのキャリアの場合、重要なのはとにかく将来。自分が思っている将来像が、本当にやりたいことなのか?なりたい自分なのか?と自問する必要がある。

気をつけたいのは、

目の前の業務から逃げたいだけではないのか
流行っているからなど周囲の状況に自分の気持ちを合わせていないか

という点。自問してこの2つに当てはまらないなら、チャレンジしてみる価値がある。将来のことなんて誰にもわからないから、「思い切り」が必要なのは言うまでもない。一歩踏み出す勇気、すなわち踏ん切りが必要だ。

転職を決意するポイント:ベテランの場合

一方で、すでに第二新卒を越え、ある程度のキャリアを築いた上での専門変更を検討することもあるかもしれない。

この場合は過去を起点にした線で考えることをオススメしたい。つまり、これまでの経験の延長に次にやりたい分野があること。これまでこういうことをやってきたから、次はこうしたいとハッキリと言える。これは鉄板の転職コース。

今回はベテランで、かつ、専門分野を変えたい場合がテーマ。そのときは、こう言えるように過去を総括して将来につながる線を描こう。つまり、

今までこういうことをやってきた。その結果、次は違うこれをやりたい。

こう言えることで、アナタの過去がとても強い武器になる。経験してきた分野が違ってもこの人には期待できそうだと思わせることができる。

自分はどうしたか

僕の場合は、第二新卒にあたる。実際の転職は第二新卒枠ではなかったものの、社会人歴としてはそうなる。

僕は経理をやりたい!と入社前から思っていたので、目の前の業務や会社が嫌という理由はなかった。また、経理をやりたいと思っていたのは、経営者のサポート部門として大きな視点で仕事ができるのが経理の特徴があるからだった。したがって、動機は自分の内側から出ていた。

ということで、僕としては迷わず転職することを選択したといえる。

実際の転職活動は転職エージェントに自分で登録して連絡を待つスタイルだった。いくつか登録して自分の状況と希望を伝え、転職マーケットの状況などを教えてもらった。その時期は今と全く異なり、とても転職マーケットが冷え込んでいたのでなかなか辛い時期ではあった。

いくつか登録した中で、間接部門に強いエージェントというのがあることも知った。MS-Japan(エムエスジャパン)という転職エージェントであるが、自分が知らない強みなどのアドバイスが的確でとても参考になったのを覚えている。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事